ささみダイエットの方法と効果|料理の簡単なレシピとカロリー

ささみダイエットの方法とその効果

近年人気をあげているささみダイエットですが、その方法や効果はどのようなものなのでしょうか。

ささみとは鶏肉の中で一番脂肪が少ない部分であるため、ダイエットに最適であるといえます。

栄養成分としては、低カロリーであり高タンパク質、低脂肪と三拍子そろった優秀な食材であるといえます。

さらに栄養が豊富に含まれていて、タンパク質、リン、鉄、カルシウム、ビタミンなど美容や健康面でも効果を発揮するといえます。

それではささみダイエットはどのように行うのでしょうか。

いくらダイエットに都合のよい食材であるといっても、普段の食事にプラスしただけでは効果は期待できません。

その方法は置き換える方法です。

1日3食のうち1食をささみと野菜にかえます。

例えば肉を3本分食べたとしても、野菜や豆類と一緒に食べても400キロカロリーほどにしかなりません。

さらに3本も食べれば満腹感も得ることができ、簡単にカロリーダウンすることができるのです。

それではその効果とはどのようなものなのでしょうか。

まずは代謝がアップします。

この方法と運動を組み合わせることでさらに代謝はアップするでしょう。

そしてささみには皮膚や粘膜の健康維持に効果のある成分も含まれているため、肌荒れの改善にもつながります。

ゆでたささみの1本あたりのカロリー

ゆでたささみはダイエットをしている人にとって、大きな味方となります。

ゆでたささみのカロリーは1本あたり約50キロカロリーしかありません。

1食で3本食べても約150キロカロリーで抑えられます。

ささみのゆで方によっては、パサパサな食感になってしまい、苦手だと思う人も多くいます。

しかし、ゆで方に注意するだけで、プリプリの美味しい肉になります。

ささみは、茹ですぎると水分が抜けてしまい、パサパサの食感になってしまいます。

水が沸騰した鍋に肉を入れたら、すぐに、火を止めましょう。

水が冷めるまで、そのまま放置しておくだけで、余熱で充分火が通るのです。

余熱で火を通したささみは、とてもしっとりとしていてパサパサせずに美味しく食べられます。

また、味付けてカロリーが増えてしまうと、ダイエットに不向きになってしまうので、ゆでる時の水にネギと生姜を入れると、臭みも消え、そのままでも充分美味しく食べられます。

食事の中で、置き換えるだけではなく、おやつの代わりに1本食べたり、お腹がすいて間食したいなと思った時に1本食べるだけで、かなりのカロリー制限に繋がります。

また、筋肉の減少を抑える栄養素が含まれているので、健康に痩せることができます。

簡単にできるささみ料理のおすすめレシピ

ダイエットにもおすすめのささみですが、意外と簡単に料理できるレシピがたくさんあります。

ささみは高たんぱく低脂肪の代表的な食材で、美容にも良いので積極的に取り入れたいものです。

そのものの味も強くないので、焼く、揚げるなどいろんなバリエーションが楽しめる便利食材で、料理嫌いの人も気軽にチャレンジしやすいですよ。

いろいろあるささみ料理の中から、鍋などの面倒な調理器具をつかわない簡単レシピを紹介します。

材料はささみ、冷凍いんげんの二つだけです。

まず、ささみ一本に包丁を入れ開き、均一の厚さにします。

その上にいんげん3本程度を乗せ、いんげんを軸にしてなるべく強くまきます。

それをラップできっちり包み、耐熱容器の上に置き、電子レンジで5分ほど熱します。

そのまま放置して冷めたら好みの大きさに切り分けます。

食材にちゃんと火が通るように電子レンジの時間は調整してくださいね。

そのまま食べても良いですが、ポン酢やノンオイルのドレッシングなどお好みのものをかけると、独特のパサパサ感もやわらぎ、おいしく食べられます。

中に入れるものは、ニンジンなどでも大丈夫です。

簡単でヘルシーなレシピですが、意外に満腹感もあっておすすめです。

ささみをしっとり仕上げるゆで方

脂の少ないささみを、パサパサせずしっとり仕上げるゆで方。

そのポイントは下処理にあります。

胸肉などにも応用できる技を2つ紹介しますね。

まず1つ目のポイントは、片栗粉をまぶすことです。

ささみを食べやすい大きさに切り、これに片栗粉を薄くまぶします。

このとき軽く下味をつけてしまってもいいでしょう。

片栗粉をまぶすことで表面がつるりとし、しっとりとした食感になるほか、調味料が染みやすくなり、薄味でもしっかりした味付けに感じられるようになります。

そして2つ目のポイントは、ゆでる湯に少量の油を加えること。

これによって、ささみからの脂の流出をカバーできます。

加える油はサラダ油が基本ですが、料理の味付けによっては、たとえばごま油でもいいでしょう。

この2つの手間をかければ、ゆで方自体はある程度アバウトでも大丈夫。

たとえば炒め物であれば、さっと湯通ししてザルに上げ、仕上げに短時間炒めて完成、といった感じになるでしょう。

夏場は湯通ししたものを冷やして食べるのもおすすめですよ。

ヘルシーで比較的安価な鶏ささみはダイエットにも注目の食材です。

味気ないイメージがありますが、ゆで方一つでしっとりし、グッとおいしく頂けますよ。

ぜひお試しを!

ささみの冷凍保存や解凍

ささみは冷凍保存しておくと、解凍して日々の料理に使うことができ、とても便利です。

低カロリーで高たんぱくであるささみは、ダイエット中の女性でも食べやすく、幼い子供には離乳食としても使うことができ、男性にはフライなどにすることで、食べごたえ十分なおいしい料理を作ることができます。

スーパーでも特売で安く手に入れることもできるので、安売りの時にたくさん買って冷凍しておくことで、食費も浮かせることができるでしょう。

冷凍保存はちょっとしたコツを知っておくことで長期間保存しておくことができます。

また保存の仕方や解凍方法によって、大きく味に違いがでてくるので、正しい方法を身につけておきましょう。

お肉にとって冷凍することは菌の繁殖を抑えられる最もよい方法です。

ラップに包んだり、パックにいれて小分けにしておくことで、少しだけ食材を使いたい時にもとても便利です。

まずはささみの筋を取り除きます。

たいていのものは筋が入ったまま売られています。

下処理をしっかりしておくことであとで使う時に面倒になりません。

厚みを均等にし、1本ずつ丁寧にラップで包みましょう。

金属トレーなどに入れて急速冷凍したら密閉して保存します。

解凍する時は、急ぐ場合は電子レンジ、または流水を使っても上手に解凍できます。

参考サイト

ささみはヘルシーな食品なのですが、ささみだけを食べるわけにはいきません。

その他の食材や商品も考えながらヘルシーな食事を目指す必要があります。

また、「おなか周りの脂肪が気になりはじめた」「以前は問題なかったスカートやズボンがきつくてはけない」「ついつい食べ過ぎてしまう」「便秘が続いている」などのお悩みのある方におすすめなのが防風通聖散を含む「生漢煎」です。

生漢煎には防風通聖散を含む18種の生薬が配合されており、代謝、利尿、便通などをよくすることで、お腹まわりの余分な脂肪を減らし健康的な体を維持する効果が期待できます。

こちらのサイトでもいろいろ紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

生漢煎は通販ではどこで売られている